最高傑作!再現不可能レベルの難易度でしかも楽しいプラレールレイアウト

スポンサーリンク

今までプラレールでいろんなレイアウトを作ってきましたが、最高傑作ができました!これ以上のレイアウトはもう作れないのではないかと思うほどのものが完成しました!

まずは、下の写真を見てください。4畳半の部屋びっしりにプラレールが敷き詰められたレイアウトができました。このレイアウトに何か名前を付けたくなるほど、自分ではスゴイものが作れたと思います。

再現不可能レベルの難易度で最高に楽しいプラレールレイアウト

見た目がかなり複雑で訳が分からないと思いますが、走らせてみるとキレイにほぼ全ての線路を通れるように作っています。というのも、自動切り替えを駆使しているからです。

下の写真にある自動ポイントレールがこのレイアウトの1つの肝です。3方向への切替でいろんなところをグルグルと走るようになっています。

再現不可能レベルの難易度で最高に楽しいプラレールレイアウト

このレイアウトは、2階になっている部分がかなり多いです。立体レールを走る割合が半分以上はあるのではないでしょうか。それぐらいブロック橋脚をふんだんに使っていますし、2段目以上でも分岐を駆使しています。

再現不可能レベルの難易度で最高に楽しいプラレールレイアウト

橋脚の外側と2段目以降を走る線路の2種類があります。電車の走らせ方次第では並走させるのもできます。

再現不可能レベルの難易度で最高に楽しいプラレールレイアウト

複線の分岐を置いて、環状線のレイアウトに入って出れる仕組みも作りました。

再現不可能レベルの難易度で最高に楽しいプラレールレイアウト

2段目と3段目でクロスしているレイアウト、なかなかいい感じに作れました。

再現不可能レベルの難易度で最高に楽しいプラレールレイアウト

立体部分は鉄橋を多く置くことで、雰囲気のあるレイアウトになっています。

再現不可能レベルの難易度で最高に楽しいプラレールレイアウト

もう1つの肝である、自動ターンアウトレールです。勝手に切替してくれるので、電車を走らせるのが楽しくなります。

Uターンレールを使っているところから車両基地へと入ることもできます。さすがにここは行き止まりになるように作りました。

再現不可能レベルの難易度で最高に楽しいプラレールレイアウト

しかし、よく見ると立体交差だらけだなぁ。あちこちで線路がクロスしています。自分でもよくこんなの作ったと思えます。

再現不可能レベルの難易度で最高に楽しいプラレールレイアウト

元の3分岐自動ポイントレールに戻る前はこのレイアウトで唯一シンプルに作られている部分です。

再現不可能レベルの難易度で最高に楽しいプラレールレイアウト

しかしまぁ、写真で見てもこんな入り組んだレイアウトをよく作ったと思えます。ただ複雑なだけではなく、どこを走ってもちゃんとグルっと1周して元の場所に戻ってくるのがうまくできたと思えるポイントです。

再現不可能レベルの難易度で最高に楽しいプラレールレイアウト

このレイアウトが完成するまでに電車を走らせてた時の様子は、以下の動画におさめています。

スポンサーリンク

プラレールをもっと楽しもう!

プラレール商品の価格比較ができます。

プラレール商品の一覧へ

コメントを残す