大迫力の5段プラレールレイアウト

スポンサーリンク

前に作ったレイアウト「大鉄橋の上にトンネル!普通では考えられないプラレールレイアウト」をさらに拡張して、巨大なレイアウトを作ってみました。

5段もの立体レイアウトになったので、見た目はかなり迫力がありますよ!5段目から1番下まで下ろすための線路をつなげたので、その分だけレイアウトが巨大化してしまいました。

当然ながら、ブロック橋脚が全然足りなくなったので、プラレール商品の空箱をブロック橋脚代わりに使ってなんとか完成させました。

大迫力の5段プラレールレイアウト

上から見下ろすとこんな感じ。中に人が入ってしまうと出るのが困難になります。一番上の5段目だけ分岐を置いています。下の4段は電車がぐるぐる回るだけのレイアウトです。

大迫力の5段プラレールレイアウト

逆から見るとこんな感じ。5段目にはね橋があるのも変ですよね^^;

大迫力の5段プラレールレイアウト

5段の内訳は下の写真を見るとよく分かります。絶妙の配置になっており、ブロック橋脚をできる限り使わないようにしています。

大迫力の5段プラレールレイアウト

カーブの部分はこんな感じです。3段目だけミニ橋脚も積んでいるので、合計すると5.5段の高さです。

大迫力の5段プラレールレイアウト

5段もあったところから線路を下ろしていくと、かなり長くなってしまい、畳の部屋を飛び出してしまいました。直線部分は息子の希望で、情景部品を連続でつなげています。

大迫力の5段プラレールレイアウト

逆の部分は壁にぶつかりそうだったので、曲線レールを使って少しずつ下ろしていきました。ブロック橋脚が足りないので、余ってる線路を積んで少しずつおりるようにしました。かなり無理矢理感があるレイアウトですね・・・。

大迫力の5段プラレールレイアウト

こんな感じではありますが、出来た時の満足感はなかなかのものでした!

スポンサーリンク